mana foods OHANA

organic & vegan
by enjoycafeohana

タグ:春日 ( 3 ) タグの人気記事


みんなで手前味噌を作ろう会

【みんなで手前味噌を作ろう会ー米味噌編】

清流長良川の源、郡上にある昔ながらの麹屋さんが作る米麹と
清らかな自然の中で育てられた春日産の大豆を使って、
手前味噌を作ります。

私がお手伝いするのは、
春日の美味しい湧き水で、
薪の火を使ってことこと大豆を煮ること。


あとの作業は、皆さんにやってもらいます(^^)。

茹でた大豆をすり鉢と擂り粉木を使って潰し、
麹を混ぜて
味噌玉を作って…
容器にぺっしゃん!

蓋をしたら、あとは菌さんにお任せです。



冬の春日で、ゆっくり味噌仕込み。
自分で作る味噌はまた格別ですよ。


開催日:1月12日(木)10時半ー14時半
参加費:3800円(材料代、講習費、味噌1キロお持ち帰り)
場所:揖斐郡揖斐川町春日オハナ奥の院
持ち物:味噌を入れる容器、エプロン、三角巾、あればすり鉢とすりこぎ
定員:4名


@味噌追加1キロ当たり1000円承ります。

お子様連れも歓迎です。



@麹の発注と大豆の仕込みの都合により、キャンセルの場合でも参加費の返金は出来かねます。お味噌はジップロックに入れてお渡しします。何卒ご了承下さい。



翌週21日土曜日は、豆麹と大豆で豆味噌作りです。
こちらも是非に。


参加希望の方は、sumieohana@gmail.comまで
詳細は、後ほどメッセージします。


by enjoycafeohana | 2016-12-20 16:06 | イベント情報

初雪。

朝起きたら、粉雪が☃️


今年はいつ来るのだろうと思っていたら、ついに…とうとう降り出した。


昔は冬が大嫌いだったけれど。



こちらに来て、この季節の独特の美しさを知ってから、冬もまた良いものだと思うようになった。



寒い季節には、思い切り寒さを感じきることが、根性なしの私には必要だったのかな。



冬の間のしんしんとした凍えるような寒さをめいっぱい体感したおかげで、その先にやって来る小さな春の訪れがより一層待ち遠しく、嬉しいものになった。








人生だって、そうさ。





いろんな感情があってこその今。





いろーんな感情があるからこそ生がより鮮やかにくっきりとしてくる。





私たちは、生きるために、生まれて来たんだもんね。










街に暮らしていた頃は、なんだかいつも忙しくって、駆け足みたいな生活をしていたけれど。




こちらに来て、歩みがとってもゆっくりになったぶん、たゆたうような自然の流れにやっと身をまかせることができるようになってきた。



以前はね、もうまったく融通が利かない人だったから、私。




急な変更とか、もう絶対無理で、「きーーーっ」となって、まったく応用が利かなかったガーン



その先にもっと喜ばしいことが待っているかもしれないのにね




当時は自動的に最悪のシナリオしか浮かばないという、、、、




今だったら、「あ、そういうことね」と、ちゃんと宇宙の精妙なリズムに呼応できるけど❤️




自分本位で動いていたりすると、そういった思いがけない宇宙のギフトも、素直に受け取れなかったりするよね。








今は、何もしないでただ子供とゆっくり過ごしているだけで、そりゃあもう大きなギフトが届くわけで。



結局、何をやってもやらなくても、完璧なんだよね✌️️




今年は、雪遊びたくさん出来るかな?
楽しみ。


















by enjoycafeohana | 2016-12-16 16:35 | 今日の出来事

対話から生まれる世界。

まったく整体とは、対話そのものだと思う。



いまだに看板も出してはいないのだが、近頃では村の方にも定期的に通ってもらえるようになり、お年寄りと会話する機会が、ぐんと増えた。



身体の調子を整えながら、村の昔の様子や若い頃の話、ちょっとしたこぼれ話を聞くのは、実に楽しいことである。



また、普段は言えない立ち入った話も、整体を通せばすんなりと言えてしまうあたりも、実に助かっている。





最近、クライアントとなった村の有力者の奥さん。もともとは建設会社を営んでいたが、現在はすべて息子さんに会社を任せている。明るくて気さくで、子供達も大好き。春日の自然の美しさや魅力を誇りに思っていて、もっとこの地域に人が訪れて、この自然の中で人々が癒されたらいいと考えている。とっても善意に溢れた方。



働き者で、もうすぐ80に手が届くというのに、山に入ってバリバリ木を切り倒して道を付けたり、側溝を作ったりしている。それも、ボランティア、まったくの善意で!




村のために良かれと思って善意で働いていたのが、全体の目で見たら、ちょっとベクトルが違っていた。



かつては炭焼きで栄えたこの地域も、伊勢湾台風に襲われてからは土木建設業が主流になって行ったという経緯がある。そのおかげで道が整い、アクセスが容易になったという事実があるのだが、今はもう経済を優先させていく時代ではない。









もともとそこは、森は動物達の住処であり、命を養う場所だった。動物達のサンクチュアリを人間の勝手な都合で奪ってしまったの。





そのツケが、身体に現れていた。



私の役目は、憑いてしまった動物霊をお祓いすることと、今後は森を切り拓くのではなく、守っていく方向に意識を転換してもらうこと、そして、現在現れている身体の不調を、少しでも軽減すること。日々、彼女自身に気をつけてほしいことをお伝えし、自分で出来るケアとして彼女に合う薬草茶を処方した。






今、目先の利益だけで動くのではなく、何百年も先の未来を見据えて動くことが、とても大切な時に入っている。しっかり意識していないと、自然のうえに立つ生命はすごい勢いで壊されていってしまう。







今回の施術を通して、今、日本で起きていることと、まったく一緒だなと思った。






安倍政権は国を守るために良かれと思ってヘリパッド建設を急いだり国民を黙らせる法案を無理やり通して…って、まったく時代と逆行している。ベクトルが違いすぎる!!!





今、沖縄の高江では、ヘリパッド建設にあたり、国が派遣する機動隊と建設を阻止しようと座り込みを続けている住民との間で、大変な騒ぎとなっている。でも、本土では大手の新聞やテレビなどのメディアはほとんど報道されてはいない。まさに、情報封鎖。




それと同じように、村のお年寄りも、まったくの情報封鎖に陥っている。そう、ただ知らないだけ。知らされていないだけ。




当たり前のように、まったく効かない薬を処方され、当たり前のように化学生成された砂糖や塩を使い、当たり前のように添加物たっぷりの食品を買い、偽物の味噌や醤油を使っている。そして、当たり前のように、自民党に票を入れ、目先の利益ばかりの政権に加担する。




一人一人はまったく善意に溢れている人ばかりなのに、どこかで意識のすり替えが起こっている。その歯止めをかけるのは、本当に、対話でしかない。









気付いた者達が、一人ずつ、身近なところから。


無駄に忙しい日常から脱却して、
本当の意味での人間の生活を取り戻し、
地球のためにできることをしていくしかないね。





対話。





していこう!





















c0119877_09350454.jpg



by enjoycafeohana | 2016-07-26 08:41 | 整体