mana foods OHANA

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


good trip



最近、気づいたこと。
それは、整体も瞑想と一緒だなってこと。

自分の中心につながり、
宇宙につながる感覚とか、
完全なる無になるところなんか、
まさに瞑想。


これは、整体を誰かに施していると
よくなる感覚なのだけど、

反対に、クライアント側を見てみると、
これもまた、非常に瞑想的なんだよね。

というのも、
瞑想って何かと言うと、つまりは
心についた汚れを落として
より深いところにいる
真っさらな自分《中心点》に近づいていくことなんだよね。
(さらにつきつめると、ただ無が広がるだけなんだけど)


簡単にいうと、キラキラとした本質的な自分。
本来の自分に出会うってこと。


意外とね、これが自分って思っているものって、
まったく違ったりするのよね。
知らぬ間に、ベタベタと自分にレッテル貼ったり
へんに強がったりして武装していたりしているの。
本当の自分を忘れて、違う自分を生きてたりする。


それが、整体をすることで取れていくんだなって分かった。


一枚、一枚、薄皮を剥がすように
ひとつひとつ歪みを正していくことで
心についたいらない汚れが、
ひとつ、またひとつと剥がれ落ちて、
少しずつ身軽になって、
みんなきれいになっていく。





わたし、小さいころから、自分の内側にすごく興味があった。
だから、いつも自分の中にいる小さな自分と会話してた。



きっと誰もがそうだったように
わたしもまた、見えない世界がはっきり見えていた。


心とか、意識とか、ものすごく関心があったから
20代は意識の変容をもたらすものを片っ端から試して


30代に入ってからは、サーフィンや瞑想、禊など
フィジカルなアプローチがメンタルに及ぼす影響が面白くて
自分の体を使った実験感覚で遊んでた。



で、今は、整体。


今までやってきたこと、全てが繋がってるんだ!って
この間、やっと理解した。
完璧に、美しいくらいに繋がってる。


だって、これまでは
自分自身にばかりベクトルが向いていたんだけど、
これからは、整体を通して
《本来の自分に戻る=源に還る》
お手伝いができるってことだから。



すっごくワクワクする!!!



実際に、わたしの整体はよく効いてしまうから
準備ができていない人やまだ本当の自分を見たくない人は
混乱してしまうかもしれない。


だって、整体だと思って来たのに、

ときには
熱が出たり、悲しみが沸き起こったり
かと思えば、違う痛みが浮上したり
怒りが噴出したり…してしまうから。



身体にはちゃんと履歴があって
古傷はそのときのまんま残っているんだよね。
見た目には、治ったと思っても、
そのときのショックや想いがfixされてたりする。



そういう古傷に触れて
歪みを治し、正しい方向に導いていく過程で、


その人にとって不要になった
想いや痛みが出てくるのは、
実はすごく当たり前のこと。
そして、とてもありがたいこと。


だって、そうやって押し出す力が、ちゃんとあるってことだから。
わたしがちょっとお手伝いしただけで、
身体は、本来持っている自浄能力をちゃんと発揮してくれるんだよ!
それって、とってもすごいこと。



そうして出てきた痛みや想いは、ただ気付いているだけでOK。
あー、出てきてるなーと傍観して、流していけば、OK。
そこで、いちいち悲劇のヒロインになったり
あわてふためく必要なんてないよ。
ただ、不要になったゴミが出てきているだけなんだから。


そして、それらが出て行ったら、
ふわっと身軽になって、
新たな自分に出会うだけ。



新しい、本来の自分にね。



わたしは、厳しいよ。
厳しいけど、愛がある。



あなたの人生が、
good tripになるのも
bad trip になるのもあなた次第。


ただひとつ言えるのは、
わたしは、あなたの
より良い人生の橋渡し役になれるよってこと。


わたしのコードネームは、
魂の導き手。



わかる人には、わかるはず。



新しい自分に会いたい人は、
どうぞ整体を受けてみてね。
か・な・り新しいよ!






































by enjoycafeohana | 2016-08-24 00:14

バイバイ、パイパイ!

我が家のおチビさん、1歳8ヶ月。


暖かくなったと同時に始めたオムツなし育児のおかげで、夏に入る前にトイレをマスターし、現在ではこちらがわざわざ付いていかなくても、自分ひとりで「チッチ!」あるいは「ウンチ!」と言ってはトイレに駆け込み、便器によじ登って用を足せるようになった。

ちっちゃいのに、賢いよね。
もうこちらが言っていること、100%理解できるし、何でも自分でやりたがる。それに、意思が強い。


子供って、ほめてあげると、すごく嬉しそうだし、誇らしげな顔をするよね。
トイレでオシッコをするたびに、たくさん褒めてあげたから、トイレトレーニングもストレスなく、スムーズに出来た。

ま、1歳半でオムツなしって、決して早くはないけれどw。





そして今は、卒乳準備中。
少しずつ、おっぱいもうバイバイだよって言い聞かせてる。

3人目だし、最後だから、ずっとあげててもいいんだけどね。
でも、もう言ってることもしっかり理解しているし、ご飯も好き嫌いなく食べてるから、必要ないかな。愛着だけだもんね、きっと。


なわけで、とりあえず寝かしつけのオッパイは卒業!

こちらの乳が張って張って辛いときにだけ、あげるという方式。
回数を1日2回から1日1回、そして2日に1回というように、じょじょに授乳時間を減らしていけば、互いにストレスなく、卒乳できるかな。


欲しがって泣かないかって?もちろん、すごく泣くよ。
「いやいや」「行っちゃいやー」
バイバイだよって言ってるから、どこかに行っちゃうって思ってる。
もう、その様子がかわいくて。。。


いっくら泣いても、甘え泣きってのが分かるから、かわいいなあと思いながら、泣かせたままにしている。これって、3人目にして初めてのこと。上の二人のときなんて、泣かせるのが忍びなくて、ことさら抱っこしたり機嫌直そうとしたりしていたけれど、案外子供って、頃合いを見計らって気分転換をさせると、コロッとオッパイのことなんて忘れて、遊んでるんだよね。面白い。



子供って、あっという間に大きくなっていく。


無事に育ってくれていること自体、とってもありがたいこと。だけど、同時に淋しくもある。だって、本当に小さい頃って一瞬なんだもん。だんだんと大きく成長して、あっという間にママから離れていく。それが分かっているだけに、余計にさみしい。贅沢な悩みだね。


何しろまだまだチビ君はかわいい盛り。
この大切な瞬間を一緒に楽しみながら育んでいけたらなと思ってる。










c0119877_02491493.jpg


by enjoycafeohana | 2016-08-03 10:43