mana foods OHANA

organic & vegan
by enjoycafeohana

<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


春日 種本中瀬太鼓踊り

今年もこの季節がやって来ました。
春日の鎌倉太鼓踊り。

昨日、今日は美束の中でも一番上の集落である種本中瀬の祭礼でした。
c0119877_21144901.jpg
c0119877_20051127.jpg

c0119877_20070778.jpg



見ているだけでありがたく、いつもつい涙が出てきてしまう。
なんだかとってもきれいで尊いものを見せてもらっているような気がしてくるんだよね。
きっと連面と続いてきた、山の暮らしならではの、目に見えないものへの祈り、信仰の深さを随所に感じるからなんだろうな。
本当に素晴らしかった。
私たちが住む集落の太鼓踊りは、来月7、8日。
祭りに向けて、練習にも熱が入ってきました。
楽しみです。

by enjoycafeohana | 2015-10-25 19:38

まっちゃんより

飲食業界
何だか悲しねー
人の体に入るものを作る料理人のモラルが
随分欠けてるし、それが当たり前な世の中に
妙に失望してしまう。
そして
それを食べる人の食べ方にも疑問を感じます。
食は人に良いと書くのになー
最近マクロビオティック叩きも多いけど
基本は
自分の住んでる身近で元気な野菜を
出来るだけ無駄なく丸ごと食べる
それもよく噛んで
それって特別なことじゃないよ
ふつうじゃない?
マクロビオティックって、動物性も
全く食べないわけじやないしね
それをあたかも悪い悪いって言いふらして
それって、間違った食べ方した結果でしょ
頭で食べたんでしょ?
玄米噛まずに食べたでしょ?
良いも悪いも無いけど
何だか無性に腹が立つ
最近怒りっぽかった僕
手のひらに痒みがでてきて
怒りで肝臓が犯されてる
甘いものを控えないと(汗)反省
包丁を握らずにもうすぐ一年
作ってもらうありがたさを噛みしめた一年
Ohanaで蒔いた小さな種子が
そっと小さな実りをはぐくんで
もうすぐ収穫をむかえます。
また「まっちゃんのご飯が食べたい」なんて
嬉しい声も聞こえてきました。
(すいません何度も店やめて)
一生懸命とか、頑張らなきゃとか
動物性使わないぞとか
誰かのどうでも良い目線とか
そんな事きにせず、全部手放して
穏やかな気持ちでまた料理したいなーって
食べたら体の細胞が嬉しくて、
体の内側から輝くような
鬱な人が元気になるような
そんなご飯や、ラーメンとかも
ミラクルでマジカルな
食事を皆に食べてもらいたいと
久しぶりに、じわじわふつふつ
おもってます。
Ohanaも卒業して
ツルッと生まれかわります✨
夜明け前が一番暗い
やっとここまでこれました
ありがとう

by enjoycafeohana | 2015-10-25 19:30

どうして?

布団に入って次女と寝る前にお話し。


「るり、ママのお腹の中はどうだった?」
「あったかかったよ。あったかくて気持ちよくて、大好きだった」


「るりはどうしてママのところに来たの?」
「ママのお手伝いするため」
「そうなの?」
「ママ、忙しそうだったから。パパもお姉ちゃんもお空の上から見えたよ。みんな忙しくて大変そうだったから、お手伝いするために生まれてきたんだよ」
「・・・・」



ああ、それでいつもママに叱られたとき、「せっかくママのお手伝いするために生まれてきたのに、そんなこと言うなんてひどい!生まれてこなきゃよかった!」とさめざめ泣いていたんだ。



次女がお腹に入る前は、そりゃあそりゃあ忙しかった。自分の時間はほとんどなく、休みなく働いて、布団に入って横になるときがやっと休憩時間というくらい。

最初のお店は、休みが週に1回しかなく、その頃は人に頼むということが出来なかったので、なんでもかんでも自分でやりとおしていた。長女ともあまりゆっくり遊ぶことができず、ほとんどお店でビデオを見させていたもんねえ。。。涙


で、るりが来たんだ。


確かに。
あのとき、やっと気付いたもんね。
「私の人生、なんなんだろう」って。


こんなふうに忙しく働くためだけに生まれてきたはずじゃないって。すごく大変だったんだよね、あの頃。店と家、今から考えると、バカみたいに家賃が高かったし。妥協できない質だったから、お店で使う材料も本当に自分達が納得行くものだけを仕入れて。で、ランニングコストだけでもすごい額だった。ま、商売下手だったんだろうね。


お腹の中に、命が宿ると、否が応でも、自分の内側を見つめちゃう。「あー、私は本当の自分の気持ちとこんなに遠いところにいる」って、愕然としちゃったんだよね。

本当の自分と真逆のことしてるって気付かされた。笑




るりは確かに、お手伝いしてくれた。
本当の自分に戻る手助け。
それゆえ、最初の店を手放したんだよね。



子供って、いつでもママを想ってくれるよね。
本当にありがたい。


3人目のげんたくんが来たときも、2度目のお店、手放しちゃったもんね。もういらなかったんだろうね。新しくなるときだったんだろうね。




るりはもうすぐ6才、げんたも12月で1才だ。


なんでも忘れっぽいママは、またしても忙しくしようとしてる。長女からは「ママは家でのんびりしているのがいいよ。そのほうがうれしい」と言われているのにも、関わらず。


そういう性分なのだろうか?
調子がいいと、あれもやりたいこれもやりたいと飛び回って、挙げ句のはては、次の日曜日はお菓子教室でもやろうかなとかピクニック企画やりたいななどと頭の中で考えてたら、案の定、風邪をひいた。笑


ま、なにもしなくていいということなんだろうね。


ママは、家でゆっくりして、みんなのために笑顔でいるのが一番なんだ。どうしたって、忙しくなると、目がつり上がっちゃうもんね。


うんうん、今日もゆっくりしようね。


by enjoycafeohana | 2015-10-25 11:15

好奇心

c0119877_09594102.jpg


好奇心旺盛な10ヶ月児げんたくん。
何でもかんでもやってみたいとき。


ちょっと目を離すと、もう扉を開けて急な階段を昇って2階へ。何度でも昇りたいようで、日に幾度となく階段を昇る…を繰り返している。


でも、最近はこちらの意図や言いたいこともじゅうぶんに理解しているよう。げんたが階段の前で昇ろうよ~とアクションしても、ご飯の支度で時間がないときや掃除中でげんたのお付き合いが出来ないときは、「げんた、バイバイ~。ママ、今は行かないよ」というと、ちゃんとこちらに戻ってくる。小さな椅子やソファーから落っこちて、落ちると痛いことを知っているからね。小さい人は、なかなかに賢い。


c0119877_09461088.jpg

男の子を育てるのは、はじめて。
遊び方や興味が向くものが、やっぱり違うよね。
車輪とか車とか、くるくるまわるもの、大好きだもんね。



今はほんと、なんでもやってみたいとき。
みんなでご飯食べてたら「僕も!」と机をばんばん。
スプーンだって自分でもちたいし、口に運ぶのも自分。
ねえねの髪を櫛でとかしてたら、ぼくもやるーと取りあげて、ねえねの頭を櫛でいいこいいこ。
居間で姉たちが宿題やお絵描きをしていると、自分も鉛筆を持ち出してがしゃがしゃがしゃ。電話の真似っこもじょうずだね。

まあ、何しろなんでもやりたい。まねっこしたい。
かわいいかわいいさかりです。


by enjoycafeohana | 2015-10-23 09:58

秋の深まり

日ごとに山が色を変えていく。木々は紅葉し、秋を深め、舞い落ちる葉っぱは、冬がもうすぐ来ることを告げていく。
今、窓の外に映る風景は、まるで絵画のような美しさ。




春日に移住して3年目。
春夏秋冬、朝昼夕、幾度となく同じ風景を眺めても、決して見飽きることがない。自然は、光の加減で、天気で、また季節によって、実に様々な表情を見せてくれる。




まるでおとぎ話の国に迷い込んでしまったかのような美しい景色の中で暮らしていると、大切なものはそう多くないことに気づく。都会に比べると、そりゃあ不便かもしれない。おしゃれでもないかもしれない。

でも、不便さの中にある豊かさや、歩いてみないと分からない美しさに出逢った時、都会のきらびやかさとは違った別の次元が用意されていることに気付く。物質的なものだけでは決して人は満たされない。自然あってこその人間だものね。

きっともっともっと自然に寄り添い、そのリズムに乗って暮らしていくと、きっともっともっとみんながみんな調和していくのだろうな。だって、自然の中には競争ってないものね。あるのは、豊かさだけ。目を開くと、自然は実に気前よく豊かさを与えてくれる。ここは、本当に豊かなところ。素敵でうれしいことがつねに循環しているよ。



変わらないってのも、素敵だなとつくづく思う。
便利さや都市化することが良しとされた時代にあって、ここまで豊かな自然が残された土地は、本当に貴重だ。できれば、このまま先、子供達が大きくなっても孫ができてもその先も、このままであって欲しい。そうなるように今を生きる私たち大人が、この自然を守っていきたいね。


c0119877_09545574.jpg
c0119877_09562503.jpg



by enjoycafeohana | 2015-10-23 09:54

光ってもいいんだよ

c0119877_00361829.jpg



これ、最近の私。



もともとは天使だったんだけどね、きらっきらの光の輪っかと翼、とれちゃったの。

ってか、この地上に来るときにね、置いてきたの。


でもね、ハートの中心にはその頃とおんなじ光が灯っていてね、この光を人間のからだで表現したくて、手を使うことにしたの。


手は、ハートの中心からのびているんだよ。
手のひらのこと、たなごころっていうでしょう?




みんな中心に光がある。







その小さな光の内側には、広大な宇宙が拡がっている。




この大きな大きな宇宙から
自分という小さな宇宙をただ表現したくて、やってきたの。




ひとりひとりが、宇宙であり、光。





みんながみんな光っている。






天使の羽根も光の輪っかもないけれど
心は天使のまんまだよ。



ちゃんと神様と繋がっている。



存在することが、その証し。




みんな、光の担い手。




だってほら、手にも光が
宿っている。






by enjoycafeohana | 2015-10-17 00:35

きらめき

いのちが輝いている


きらきらと眩しいくらいに



誰もが持っている、いのちのきらめき








そうっと自分の内側を見てごらん




あなたの中にある黄金色の輝きを








目には見えなくてもいい


感じることすらできなくてもいい




ただ、それはそこにちゃんとある










頭で難しく考えることなく



幼子のように素直に






あなたのその輝きを受け入れてごらんなさい<
c0119877_00111313.jpg
br>


by enjoycafeohana | 2015-10-12 23:51

ごちそう。

c0119877_22391945.jpg


ある日の朝の収穫物。
わざわざ垂井まで買いに行ったのだけどね。

慈鶏園さんの平飼い赤玉自然有精卵~。
朝の生みたてです。



最初、どんなところだろうとわくわくしながら行ったら。。。


店内にはお客さんもたくさん!
働いている人もみな元気!
そして、みんないい顔!



そりゃあ、めっちゃ良いもの売ってるものね。


ここは、本物。本物が売ってるよ~。



子供達には、できるだけ自然に近いものを食べさせてあげたいから、ちょっと遠くても、わざわざ買いに行ってしまう。あ、でも、実は、自分が一番食べたいのかも。。。。笑


今は、本物のように見せかけた偽物もたくさんあるからね。
ある意味、食品のお化け。添加物たっぷり薬品山盛り。涙




だからこそ、本当の味、本物の味を、ちゃんと覚えさせてあげたい。




こういった心から安心して食べれるものが、どんどん身の回りに増えていくといいよね。


ここの卵、ぷりっぷりの美味しさです。
卵かけご飯に最高よ。







となりに映っているのは、山あげび。
まっちゃんが山で見つけたのを、お土産に持ってきてくれたの。

相変わらずやさしくて素敵な旦那様です。うふ。

by enjoycafeohana | 2015-10-01 22:37 | 今日の出来事

実りの秋

c0119877_22251504.jpg
c0119877_22255892.jpg
c0119877_22264518.jpg


実りの秋。
毎年恒例の春日小学校の稲刈り。
天気もよく、気持ちの良い秋晴れ。

その次の日は、私達夫婦も稲刈りに参加。
久しぶりに土を踏み、体を動かすことの爽快感。
本当に楽しかった!!!


こんな毎日を過ごせることに感謝。
日常が素晴らしく美しい。
ここにいれて、幸せです。<
c0119877_22333279.jpg
br>
c0119877_22335654.jpg


by enjoycafeohana | 2015-10-01 22:24