mana foods OHANA

<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


明日、オレラクダ!

明日、29日はオレラクダ!
笠松みなと公園にてお待ちしてます。


久しぶりにベジ麻婆丼やりますよー。
みんなで青空ランチいたしましょう♪


私の方は、これまた久しぶりにレモンクリームパイなどこしらえました。
余力があれば、もっと作りたいのですが~。
ルリっぺが風邪でダウンしているので、無理せずです。


ライブあり、フードあり、クラフトあり!
なんだか面白そうです(^ー^)ノ


では、明日!

by enjoycafeohana | 2011-10-28 21:12 | イベント情報

歓びの波、エクスタシー

この地球をわくわくする気持ちで眺めてた


この地球で 肉体を持って 感情を体験する喜び


僕らはこの感情の波に乗り、光へと向かう



ただ体験するために


わくわくした想いで
この地球を眺めてたんだ
それができたら、どんなに最高だろうって



そうさ、僕らはみんな最高を求め
最高に喜びをシェアし、
最高を表現するのさ いつだって



最高のしあわせを 最高の笑顔で



エネルギーの交歓、思い出そうよ
ほらこの歓びを エクスタシーだ!



ああ、僕らはいつだってつながってるんだ



ひとつなんだ この地球に生きる



だけど、僕は知ってるよ
いろんな地球があるってことも


でも言えるんだ


僕らが表現するものは<愛>しかないんだって



だから愛なんだ。IはIを愛してる



I and I,
すべてはひとつ




============




何日か前に出てきた歌。




いろんな情報が入ってきて、打ちのめされそうになりつつも
そうじゃないんだと。



いまは、単に過程に過ぎない。




ぐれんとひっくりかえる。そう。



未来は、大調和だけ待ってる。そうだった。


だから、大丈夫。








未来を信じて。








大丈夫。








超えられるよ。












あなたの歌を歌うことを忘れないで。









あなたの声を聞かせてね。















あなただけが持っている独自のリズム。









忘れないで。思い出してあげて。














あなたに見つけてもらうこと、待ってるよ。



















光の波に乗り、笑顔と共に歓びと共に














超えていこう。この波を。


















アセンション!

















最高に愛おしく、最高に気持ちいい














この波の向こうへ





















光が待っている























キラキラと眩ゆいばかりに光る、未来が。

by enjoycafeohana | 2011-10-25 22:04

伝えにゃならぬ事が有る

武田 邦彦先生のお話



「大丈夫」という人たちに大人の責任を求める




 

法律で1年1ミリと決まっていて、国際的にも合意されているのに、事故後、急激に「1年1ミリを超えても大丈夫」という大人が増えてきました。このことで苦しんでいるお母さんが多いので、是非、以下の論理を読んでいただき、本当に「1年1ミリ以上でも大丈夫」と大人の責任で言えるのか、10年後に疾病がでたときに補償する力があるのかを考えていただきたいと思います。
 

1) 日本の法律で1年1ミリと決まっている。また仮に日本だけが1年1ミリ以上にしても国際的な合意を得られないので、観光、食品輸出、国際ビジネスなどに大打撃が予想される。国際的にも約束を守らない日本人ということで信用を失墜する。
 

2) お母さんは「被曝すると子供がすぐ病気になる」とは思っていない.10年先に病気になることを心配している。人間なら10年先のことを予想できない。10年先のことをなぜ「大丈夫」と言えるのだろうか?ここを考えて欲しい。
 

3) 発言する人は、原子力、放射線の関係者で1年20ミリの許可を得ている成人男子に対して、1年1ミリになるように指導してきたという事実を述べるべきである。また、1年1ミリ以外の数値を言うときには、なぜ意見を変えたかを述べるべきである。
 

4) 1時間1マイクロ(1年に外部被曝だけで8.7ミリシーベルト。内部を加えれば10ミリに近くなる。)が安全と言っている自治体などがあるが、その根拠を示すべきである。住民が計算できないだろうと思って、1時間1マイクロ以下は安全というのは悪質の部類に入る。公務員は正直で誠実であって欲しい。
 

5) 1年1ミリを決めるとき、1ミリでも危険という意見と1ミリ以上でも安全という見解があり、議論をして決めている。だから、1年1ミリ以上でも安全というデータは多くあり、また同時に1年1ミリ以下でも危ないというデータも多くある。自分の考えがどちらかでも、多くの子供が被曝している最中に、自分の意見に都合のよいデータだけを示して、子供たちを1年1ミリ以上の被曝をさせる権限は誰にもないことは明らかである。
 

6) 先日のNHKの番組のように、福島県で一つの家庭だけをとって、それがあたかも福島県を代表する平均や、特に危険なところにお住みの方のように放送した場合、10年後に障害がでたら、それを人間は購うことができない。病気になった人の将来は取り戻せない。NHKは絶対に番組内容を保存し、常に視聴者が見ることができるようにすること。
 

7) 事故後、6ヶ月を経って、1ミリ以上でも大丈夫というデータだけを出して自分の意見を言う人が後を絶たないが、たとえば今年、100ミリを主張した人は、10年後、20年後まで自分の発言を保存し、病気がでたら自ら申し出て、その子供の生涯を償わなければならない。人の人生を人が取り返すことはできない。
 

8) もともと福島原発の設計は一般公衆の実効線量(外部+内部)が1年1ミリになるようになっていて、事故が起こったら1年1ミリを超えることにはなっていない。大人は実施したことに責任をとらなければならない。
 

9) 福島を除染し、日本国民の被曝を1年1ミリ以下に押さえ込むことは財政的にも技術的にも可能である。
 

以上のことをよく考えいただき、子供たちが被曝している現在、日本人の誰もがすでに20年間、合意事項として社会の安全を保ってきた1年1ミリに違反し、それ以上の被曝を容認することは人間として、大人としてできないことをよく認識してください。
 

被曝を押さえ込んだら、将来のために議論して、世界を納得させたら、1年1ミリを超える基準もあり得ます。
 

一刻も早く、お母さんが安心できるように、権限のある大人が行動をおこしてください。1年1ミリにすればストレスはすべて無くなるのですから。難しい理屈を作って1年1ミリ以上の被曝を子供にさせるなら、被曝しないように行動する方が良いと思います。
 

(平成23年10月19日)
 


武田邦彦



« 11月9日 加賀市講演会ご案内 | | これでは「除洗」と呼ぶべきではない »
[トップページへ戻る]> [■■■■ 特設の2]
(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

by enjoycafeohana | 2011-10-22 00:21 | ohanaのお話

弥栄。

本日は「ヴィーガンススイーツを作ろう♪」会でした!
ご参加の皆様、ありがとうございました~。


今回出席された方はすでにご縁のある方ばかりだったので、
リラックスして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。また集いましょうね♪


今回、人数枠のために、残念ながらお断りしてしまった方、
日程が合わずに参加出来なかった方々、申し訳ございません。
今後は曜日を分けて開催するなど、工夫をしていきたいと思っています。


やはりせっかくのレシピを一度だけでおしまいにしてしまうのは、もったいない。
ぜひ皆様に知ってもらいたい。ご家庭で作っていただきたいレシピです。
子供のおやつ、自分へのちょっとしたご褒美、あるいは誰かへの手土産にと
手軽にさっと作れたら、きっと素敵なはず。キラキラ~






さてさて、まだ改装もしていない厨房内での料理会。
各務原Ohana時代のおしゃれな感じとは、真逆の混沌空間。
いやーーー、かなり開催するのは悩みましたが、もう勢いに乗ってしまいました!
実をいうと、売店の内装もまだ途中。本当はもっと木の質感を抑えるイメージで
色を加えていきたいのですが。。。。まだ出来ておらず。です。はい。


外観はともかく、中身を見られるのは恥ずかしいという想いはありますが。
でも、あの場所はとても神聖な場所だと思っています。
いつもは主人と義父母が作業をしている場所。
私たちを支えてくれる命の台所。しーらもるりも私もみんな大好きな場所です。



いつか自分たちのカラーに変容させたいな。
イメージは徐々に固まりつつあるので、すっかり見えたら、すぐなはず。
まずは、イメージ。そこからです。





はーーーーーー、それにしてもーーーーー。いい空でした。いい一日でした。



今日、出会ってくれた皆さん、ありがとう。
出会わなかった人も、いつもありがとう。





ーーーーーーーーー。。。。。ーーーーーーーー。。。。。ーーーーーーー








子供は 天使

こんなにも たくさんの 笑いと喜びを与えてくれる

どんなわたしも 受け入れてくれる


いつも ごめんね

いつも ありがとう


・・・ママ だいすき




本当に どれだけ わたしのこと 愛してくれるの?



ママは あなたたちがくれる愛で 溢れそう


溢れてる


ありがとう









ありがとね

by enjoycafeohana | 2011-10-20 21:29 | 今日の出来事

いろいろもろもろ。

10月20日に予定されております「ヴィーガンスイーツをみんなで作ろう」会は、
おかげさまで定員に達しましたため、受付を締め切ります。
次回は、11月20日(日)に開催予定です。
詳細が決まりましたら、ブログにてお知らせいたします。


再度、告知します。
放射能のこと、もうちょっと知りたい!という方向けのdvd上映会です。
場所は、ちょこーるのアトリエ。
岐阜のファミリーパークの近くです。自然に恵まれた気持ちの良いお宅で、
私はたびたびお邪魔し、ゆっくりまったりな時間を過ごさせていただいてます。
勉強会というほど、かしこまった会ではなく、基本的には出入り自由。
しかも、お子様も安心して遊べるスペースがたっぷりありますよ☆

皆様のご参加をお待ちしております。
ちなみに、ご希望の方は、Ohanaのビーガン弁当予約販売いたします。
素材を厳選したビーガンスイーツもお持ちしますね!




この惑星(ほし)で 今とこれからを 生きる
講演会dvd上映会
  10月22日 sat (23日 sun-24日 mon ご希望があれば11時~どちらかを上映)

10:20~12:50 NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」(北海道)野呂美香さん 
            福島県伊達市 ふるさと会館 11,6,29 講演会のdvdを上映

            今、子ども達を守るために知っておきたい、放射能の対策と予防

13:00~15:00 未来バンク事業組合理事長、環境活動家 田中優さん 
            福島県伊達市 ふるさと会館 11,6,29 講演会のdvdを上映

            今こそ、日本再生!~希望の未来を切り開こう~



場所 → → → アトリエ ちょこーる  岐阜市門屋溝上106番地 tel058ー229ー3393
      

 ※無料です。
  食べ物飲み物、持ち込み自由。
予約・問い合わせは、chocool@water.ocn.ne.jp まで。



最近は、子供のお相手で、なかなか自分の時間が取れず。
いつもは夜中に起き出して、なんとか時間を作り出しているのですが、
母の気配がないのを察して、泣いて呼ぶものだから、なかなか作業がはかどらず。
あー、やることがいっぱい!たまっていくーーー。

めげずに、日々、精進ですー。

by enjoycafeohana | 2011-10-18 03:55 | イベント情報

タルト作りました。

今週のスイーツです。
c0119877_23201219.jpg

イチジクとアーモンドクリームのタルト。
今が旬なイチジクをたっぷりと使った新メニュー。


久しぶりにモカバナナウォールナッツマフィンも作りました。
モカは穀物コーヒー。リピーターの多い人気マフィンです。

少しずつ品数を増やして行きたいな~と思っています。久しぶりにチーズケーキも作りたいし、甘酒クリームのティラミスも作りたい☆でも、まずはお客さまが足を運んで下さるようになってから。徐々に認知度が上がりますように(^-^)


ちなみに、20日のスイーツクラス、まだ若干名空いてますよ~



c0119877_23201238.jpg

あは、家族で公園で遊ぶの図。

by enjoycafeohana | 2011-10-12 23:05 | 料理のお話

月末!新イベント情報!

月末から11月にかけてのイベントが決まりました。
にわかに忙しい最近のオハナ。いい感じです。

ちなみに昨日、新オハナの店舗にて茶葉料理会が開催されました。
急遽決まったので、ごく近しい人を招いて行われたイベントでしたが
久しぶりに出来たてのまっちゃん料理が食べることができて幸せ~でしたね。

みもちゃん、やすくんも、おつかれさま!ありがとう!
これからも美味しくて楽しい料理会企画、楽しみにしています♪


10月29日 土曜日 笠松みなと公園「オレラクダ」出店
ご近所にある大好きなショップ、KAMALのEBIちゃん企画のフリーマーケット!
これは、かなり!!!面白いイベントですよー。

EBIちゃんの幅広い人脈そのままに、多種多様なショップ、フード、ライブが楽しめるよ。
岐阜だけでなく、名古屋や三重からも出店多数。
かなりコアな顔ぶれも来る模様。その中で、オハナはオーガニックな青空ランチをやっちゃいます☆
詳細は、KAMAL BLOG http://kamal.blog.shinobi.jp/



それからーーーー☆瞑想会も新たに決まりました!
11月1日火曜日 揖斐郡池田にあるフリースペース「ナマステ」にて光の瞑想ワークショップ開催!
こちらは体験版ということで、ワーク代プラスOhanaのビーガン弁当がついて2000円。
かなりお得に、そして楽しめる内容です。
時間は、10時半から2時まで。
場所;岐阜県揖斐郡池田町八幡2579ー3
ご予約&お問合せは、light-way55@i.softbank.jpまで。


各務原、一宮方面の方は、こちらもあります☆

10月25日(火)「光の瞑想ワーク」
本来の自分自身に気づき、よりきらきらと輝きます。
おすすめ!
内容:
呼吸のエクササイズ
チャクラを活性化させる瞑想
光還元ワークetc…
場所:安心食材の店なごみや
愛知県江南市宮田町菖蒲池36番地
電話番号0587-57-7532
時間:10時~14時
ナビゲーション代 2000縁
お弁当持参、もしくはOhanaのビーガン弁当¥800をお申し込み時にご予約下さい。
申し込み;info@7538.co.jp



参加者様の声

先日の瞑想会ありがとうございました
海が太古姿を取り戻すワークで…

私が感じたのは[許し]です。すばらしい気付きでした。

波間の光を受けた、小さな植物プランクトンからはじまる、食物連鎖、生命の営みを眺めながら、深く暗い海底に沈んでいきます。

海底では静かに静かに、人間が撒き散らした汚染物質が地球の自浄能力によって浄化されています。

でも、母なる地球からは怒りではなく許しのメッセージを感じました。

繁栄と言う名の元に、すべてを意のままに支配したかのような錯覚に陥っている私達の愚行を、静かに見つめる眼差しを感じました。
こんなひどい事をしてしまった私達を、許し受け止めてくれるなんて。感謝、ありがとう以外の言葉は見つかりませんでした。

目を閉じて瞑想しながら涙が溢れました。

もうやめましょう原発。みんな気付いたでしょう。
大きな懐に抱かれて、謙虚な生きかたしましょうよ。
私の力になりそうです。

すばらしい時間を与えて下さったすみえさんにも感謝。ありがとう。

by enjoycafeohana | 2011-10-12 10:22 | イベント情報

光の領域へ

みなさん、大丈夫ですか?
喧嘩とか、してません?

怒りが一気に噴出して来たり。


ただいま、地球規模でカルマの一斉放出中。
膿がどんどん出ていますね。


そして、私たち人間も同じように、光へと向かうためには
自分のうちにたまった垢・汚れを落とすことが責務!


汚れはどんどんじゃんじゃん吐き出して、
どんどんしゃんしゃんきれいになりましょう。


感情はどんどん解放してー!
心の汚れはどんどん捨ててー
これでもかこれでもか、と軽くなりましょう!


昨日、私たち夫婦はとってもくだらないことで、大げんか。
すんでのところで、別れ話となるところでした。


けれども、こんなことで別れている場合ではなく。
その感情が出て来てくれたことにまず感謝。
気づいて、出して、素直に表現。それ正解。
もちろん、こんな重たい荷物いりません!という方は潔く手放すのもあり。

素直に感じたことを話し合って、
結局はやっぱりお互いがいることで、鏡となり成長できる。

家族や夫婦といった濃いつながりはカルマを解消するために
自らが仕組んだ約束事があるのです。
「次に生まれる時は、ちゃんとこれ、クリアしましょうね」という約束が。


なので、とてもわかりやすく、問題が起きるようにしてあります。
その問題、つまり相手の気に入らないところだったり、許せないことなどは
毎回怒っているばかりでなく、気づいたら指摘して、直すように努力して、
まあ直らなかったら、ごめんなさいで、受け入れて。



感情に振り回されずに、この感情の糸(意図)をたどることも大切。



はーーー、今の時期は、いろいろ出て来ますね。
これは、自分だけでなく、過去世の自分だったりご先祖様の未解消の問題だったりが
重なり合って出て来ている模様。。。なので、これもお陰様。


こういう突発的事故(まあ、つまりは喧嘩ですが)は、まるで知らない自分が出て来たりしますものね。
本当にびっくりします。あれ、絶対俺じゃない誰かだよなとか、私じゃない誰かが。
そう、あなたは今、過去世の自分、神代の時代からの自分を代表して、カルマ解消をしているのです。


なので、そんな時は落ち込まずに、「偉いぞ、自分!」と、どうぞ褒めてあげて下さいね。




さて、現在の私たち夫婦の状態ですが、一夜明けてきちんと夫婦和合を果たし、
以前よりも一層深く、愛と思いやりを確かめ合ったのでございました。チャンチャン!





こーんな話も主宰する瞑想会には、出て来たりします(^-^)
みんなで光の領域へ、わいわいわくわく進みましょう!

by enjoycafeohana | 2011-10-11 01:23 | 今日の出来事

放射能勉強会のお知らせ

いつもありがとうございます。

ちょこーるのあやめちゃんと放射能勉強会を開きます。
前回、つなフェスのちさちゃん宅で見逃した方は、是非!
また、放射能について、ただ怖がるだけでなく、
知識を増やして前向きに生きたい方、
今までなかなか情報が入って来なくて・・・という方、
興味のある方はどなたでもご参加ください。参加費は無料です。

ちなみに、場所はちょこーるのアトリエ!
静かに穏やかに時間が流れる、とても心地よい空間です。
とっても素敵なお宅ですよ~。
いるだけで癒される、そんな場所です☆

集いましょう。地球を明るい惑星にしましょう!!!

以下、ちょこーるのブログより転載です。

↓↓↓↓↓

放射能勉強会
この惑星(ほし)で 今とこれからを生きる

10月22日 sat (23日 sun-24日 mon ご希望があれば11時~どちらかを上映)

10:20~12:50 NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」(北海道)野呂美香さん 
            福島県伊達市 ふるさと会館 11,6,29 講演会のdvdを上映

            今、子ども達を守るために知っておきたい、放射能の対策と予防

13:00~15:00 未来バンク事業組合理事長、環境活動家 田中優さん 
            福島県伊達市 ふるさと会館 11,6,29 講演会のdvdを上映

            今こそ、日本再生!~希望の未来を切り開こう~



場所 → → → アトリエ ちょこーる  岐阜市門屋溝上106番地 tel058ー229ー3393
                      http://mel-choco.com





私は最近やっと、自分の意識が、今住んでいる所から、海の向こうへ、だったのが、
空の向こうへ、宇宙へと、広がってきたように思います。

宇宙から見れば、地球は一つの青い奇麗な星、生命体。この星は、水も空気も雨も大地も食べ物も、悲しいことですが汚染されています。綺麗なところは何処?と探さなくては見つからないぐらい。
でもみんな、毎日楽しく生きて、命を終えて行きたいと思って、暮らしていますよね。

では、今とこれからをどう生きる?
今を知る所から、それが始まるのだろうか?
無関心のままで、人のせいにするのだけは、止めよう。

今回、我が家を解放して、沢山の人に、今私達が生きている環境について理解する一歩にもなればと思い、活動家お二方の講演会dvdの鑑賞会を開く事を思いつきました。

出入り自由で、ラフな雰囲気で行いたいと思っています。


飲み物食べ物各自ご用意下さい。

他には、こんなスペシャルなおまけ企画あり!

 *ohanaビーガン弁当800円、こども弁当500円 予約限定販売(ご予約は20日まで)22 sat only
 *ohanaすみえちゃんの手づくりビーガンスイーツ販売あります! 22 sat only
 *chocoolのアトリエショップopen 22日sat~24日mon 見たりお買い物したりできます。
 *こども秋の草で染めそめwork shop やります(晴れればやります)

お子様連れの方も遠慮なく。二階やお庭で、子供同士で遊んでもらいましょう。

ohana弁当(体に良いよ!超おすすめ)のご予約は → → → chocool@water.ocn.ne.jp  20日まで







追伸、、、この企画は、「tunagari fes」 や、「世界お母ちゃん同盟」でもお馴染みの、早矢仕ちさこちゃんにdvdを焼き増ししてもらった所から始まりました。そして、上映会を開く事を思いついたのですが、小心者の私、行動に移すのに自信無くて、大好きなohanaのすみえちゃんに協力サポートしてもらって、企画が進みました。そして、旦那であるメルチ君に、プロジェクターなどの上映に関する機材をお任せして、やっと、現実みを帯びてきました。まだ、もう少し煮詰まってくると思うので、その都度報告します。
大した企画でもないのに、自分から始まるモノにはいつもたじたじな私。自分だけじゃなくて、みんなのエネルギーを織り交ぜて、進んじゃおうっ! って思ってます。
22 sat ー23 sun は、メルチもいるから、男性陣もいっぱい来ておくんなまし。

by enjoycafeohana | 2011-10-10 21:34 | イベント情報

いつまでも笑っていられます様に



ポリシーは捨てて、プライドは七転び八起き、そしてポジティブバイブレイション!!

こんなに真剣な大人になりたい!

武田先生のはなしです。

事実をそのまま見てください。可哀想に福島の子供たちに甲状腺の異常が認められたのですが、これまで「直ちに健康に影響がない」、「この市の線量なら大丈夫」、「野菜を食べても安全」、「給食は食べなければならない」、「瓦礫や花火の搬入に反対する奴はケシカラン!」、「私は医師だが1年100ミリまで大丈夫」・・・などと言った人があれほど多いのに、まだ誰一人として甲状腺異常の診断結果について「そんなことはウソだ。子供は健康だ!」という反論をしていません。
 

黙っています。「安全だ」と言い続け、危険を回避しようと努力する親御さんを批判し、給食を無理矢理食べさせて子供を被曝させ、そして目の前に健康不安や患者さんがでると黙っている。そんな人たちを許すことはできません。そんな人で子供たちを病気にすることはできません。
 

断固、「被曝は大丈夫」と言った人がいたら、即座にそれを記録し、テレビ、新聞、ブログなどの発言記録を保管し、可能な限り糾弾しなければならない。子供は声を上げない。大人が声を上げ行動しなければ子供は声を上げずにベッドに行く。
 

東京都に運ぶ瓦礫を阻止できなければ、また被曝を拡大する。福島の除染が遅れればそれだけ子供の被曝が増える。911デモで不当に逮捕されたのがフランス人だったことは日本人として残念だ。私たちはもう「抜け殻」になったのか?
 

・・・・・・・・・
 

個人で生活を守ろう。政府、自治体、医師、学校・・・そんなところは何の責任もとらない。
 

だから、できるだけ1年1ミリを守り、どうしてもダメでも1年5ミリの範囲に入るようにしたいと思います。1年1ミリなら3月11日以前と同じですから、人間として受け入れることができます。とにかく被曝を少しでも減らして2度と甲状腺異常の子供たちを出してはいけないと思います。
 

新米はしばらく様子を見ること、肉は外国産を買うこと、魚は量を減らし、買うなら日本海側に限定し、外国の加工食品などを積極的に使い、日本の牛乳は一切飲まず、東北、関東の食材でベクレル表示のないものは避け、家の除染をもう一度して、自治体に地域の除染を厳しく要求し、被曝を1年1ミリ以内にするように心を強くしよう!原発の設計変更、それに被曝と人体の関係が判るまで、原発は中止しなければならない。
 

ビクビクして生活するより、やるだけのことをやって、後で「ああ、よかった。無事に済んだ」と笑うようにしたい。
 

(平成23年10月5日)
 
武田先生ありがとう。

by enjoycafeohana | 2011-10-09 01:17