mana foods OHANA

カテゴリ:オハナについて( 13 )


オハナへようこそ!

オハナへようこそ!

オハナとは、ハワイの言葉で「家族」を意味します。


オハナでは、お肉やお魚、乳製品、白砂糖を一切使わない、植物性100%のお料理をお出ししています。

「地球上に生きるすべてが家族」だと思っている私たちにとって、植物性100%のヴィーガン料理をお出しすることは、私たちのスタイルそのものであり、また喜びです。


お肉やお魚、卵、乳製品などの動物性の食材を扱わなくとも、美味しい料理はできるのだということを一人でも多くの方々に知っていただけたらと思い、日々心をこめてお作りしています。



ちなみに、ヴィーガンとは完全菜食主義を意味します。


今から約20年前、初めてマクロビオティックに出合った私は、すっかりその思想と食事法に魅了され、完全に食事を玄米菜食に切り替えました。

最初の3ヶ月で自分の体が軽くなり、長年の悩みだった生理痛も消え、視力もぐんと良くなったことで、いかにこれまでの食事が体に負担をかけていたのかを実感しました。


食べるものが、体を作るという、基本的なことを学んだ最初の経験です。


まだ20歳そこそこでしたが、将来きっと子供を産むだろうから、それまでに体をきちんと整えておこうと、殊勝にも心に決めたことを、今でも覚えています。



マナフーズのマナって何?とよく聞かれるのですが、こちらもまたオハナ同様に、ハワイの言葉です。


ハワイで「マナ」という言葉は、「霊力」とか「捉えられない偉大なる力」として畏敬の念を持って使われています。

私自身は、日本語の「気」と同様、万物に宿る生命力、生命エネルギーと理解しています。ちなみに、日本ではマナとは愛です。


そう、オハナはこのマナをとても大切にしています。目には見えないけれど、とても大切なもの・・・調理をする際も、植物に宿るマナを最大限活かせるように気をつけています。


そして、オハナのご飯を食べた人が、「なんだか元気になった!」「美味しかった!」と内側から元気に輝いて帰っていただけることを、心より願っています。













mana foods OHANA
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日美束150-1

@現在、店舗は持たず
ケータリングや出張料理、料理講師、メニュー開発、新規オープン店舗のプロデュース、イベント出店などで活動。また、近年は食だけでなく、住にも関わり、オーガニックな住環境の提供などマルチに活動中。


ケータリングや出張料理、料理教室、オーガニックな住環境を整えたいなどのご用命は
電話0585-57-2899
080-1611-4711
sumieohana@gmail.com

までお気軽にお問い合わせください。


by enjoycafeohana | 2017-05-01 10:42 | オハナについて

オーガニックな人。

まっちゃんがオーガニックな100人に選ばれました🎶
http://organicvill.jp/2016/10/01/post-184/


オハナの歴史、まっちゃんの生き様がよく分かる文章です。
是非ご覧下さい。

第5回 | 松野 隆好


「おいしいごはんを食べるだけじゃ、だめなんだ…」。“mana foods OHANA”を閉めて、松野 隆好は新たな挑戦を始めていた。それまで、料理一筋で働いてきた彼が次に見定めたのは、家。食を囲む居心地のよい空間づくりである。揖斐川の上流にある古民家に移住するとき、彼の心を大きく揺さぶったのは、天井に渡されたダイナミックかつ堂々とした存在感のある梁(はり)だった。「その梁を一目見て、すっかり大工さんの仕事に魅せられてしまって。それまで日々こつこつと料理の仕事をしてきた僕には、とてもスケールの大きな仕事にも感じました」。松野は、植物性100パーセントのヴィーガン料理を提供する店として多くの人に愛された“mana foods OHANA”を営み、飲食ビジネスの矛盾に苦悩しながら、店を閉めることになってからも、ひたむきに自らの理想を追求し続けてきた。そんな彼だからこそ、それまでの食に関わるキャリアをふまえ、今度はそれを取り囲む住まいを見つめ直そうとしたのだろう。そして今、食と同じく自らの手でその理想を創り出すべく、オーガニックな住のスペシャリストである山納銀之輔に学びながら、犬山の地で日干しレンガによる住まい作りに汗を流している。

screenshot

弁当屋の息子として生まれ、迷いなく料理の道へ。
しかしそこは飲食ビジネス迷路の入口だった。

「両親が弁当屋を営んでいて、こどもの頃から野菜を切ったり、手伝いをしながらごく自然に料理に関わっていました。それをずっと続けていたから、弁当屋を継ぐという気はなかったけれど、進路を考えるときには、自分には料理しかないなと思っていたところはありました」。松野は迷うことなく調理師専門学校に進み、卒業後は「自分自身の中では、中華料理が最も身体にいい料理だ」と感じ、中華料理店に勤め始めた。 中華料理は、数多くの調味料、スパイス、野菜から肉魚などの素材、味付けのベースとなるスープを店に常備して作ることになる。しかし、それらを全て揃えるコストをまかなえる飲食店はそうそうない。「実際は、手速くうま味を出すための化学調味料が欠かせなくて。これが現実なんだと思い知りました」。自身の理想とはかけ離れた厨房の景色。しばらくして勤めた中華料理店を離れた後、松野は名古屋、東京、ハワイと渡りながらそれぞれの地で飲食店立ち上げの仕事に関わる。しかし、どこにいても、表向きにはおいしさと素材へのこだわりをアピールしながら、いかに原価を下げ利益を上げるかを追求する飲食ビジネス業界の矛盾を突きつけられ続けた。精神的にも辛い状況の中、松野は京都でヴィパッサナー瞑想に出会う。「奥さんともそこで出会ったんです。ベースの仏教にある“不殺生”の精神を学んでから、菜食をやっていこうと決めました」。

家族と共に食の理想を追求するも、一向に見出せない飲食ビジネスの光。
理想とこだわりの裏に見え隠れする対立の闇。

松野は各務原で”enjoy cafe OHANA”を始めた。植物性素材のみを使い身体への負担が少ないと言われるヴィーガン料理をおいしく楽しんで食べてもらい、来てくれた人を元気にしたい。質の確かな素材でつくる、多くの人の身体と心を喜ばせるおいしいヴィーガン。かつて苦悩した中華料理店での経験からも得られるヒントはたくさんあった。菜食となると、中には物足りなさを感じる人もいることを考え、素材の力を最大限に生かして味付けやボリュームも工夫した。“OHANA”とはハワイの言葉で、“家族”の意。その名の通り家族で協力しながら日々働き、店を訪れる人たちはそのおいしさに驚き、喜び、そして笑顔で帰っていく。一見理想の光景のようだが、素材選びから妥協しないために料理を出せば出すほど赤字がかさみ経営そのものは立ち行かなかった。2年半ほどして店を閉め、その後東日本の震災を経て実家の穂積で“mana foods OHANA”をオープンするも、1年半ほどで閉めることに。「素材から本当にこだわって作っていたし、もっと価格を上げてもいいんじゃないかとも言われたけれど、今思うとそのときは自分も価格競争の波にのまれていた気がします」。また、オーガニック、ヴィーガン、ローフード、玄米菜食など、それぞれの立場や考えにこだわりを持つがゆえに、互いに批判したり対立してしまう状況にも松野は複雑な思いを抱いていた。「それぞれに補え合えたら一番だと思って、店では良いところを組み合わせた料理やメニューを出していました。敵対しても良いことは何もないし、食事って本当は、これは良くて、あれはだめって頭で考えてするものではないと思っているので」。

screenshot

食を取り囲む住への関心と、住まいの師との出会い。
自分で創り出す喜びを感じながら、継承する大切さを思う。

店を閉めた後、松野の心に浮かんだのは、食を取り囲む住まいへの関心だった。身体が必要とするおいしいものを感謝していただく、それで十分に幸せなことだが、居心地のよい空間で食べることができたら、もっと身体も心も健やかでいられる。自分の店の改装などを通して少しずつ膨らんでいた思いが、揖斐にある古民家への移住で確たるものになった。店を閉めた後も料理教室やケータリングの仕事を続けながら、左官の技術や大工仕事を働く中で学んだ。それまでの料理とは全く違う、身体や技の力の世界。新鮮さを感じながらも、厳しい上下関係や職人間の縄張り意識など荒々しいやりとりに心を傷めることもあった。ちょうどその頃松野の周囲で、ある人物の名がよく話題に上っていた。山納 銀之輔、自然素材で家を創るスペシャリストである。気になった松野が共通の知人に連絡先を聞いて直接連絡を取ると、山納は自らすぐに彼の家までやって来た。家創りの技術はもちろん、フランクだが真摯でときにチャーミングな人柄、そして周りにいる仲間の温かさにも魅了され、松野はすぐ山納についてその仕事を教わることに決め、共に犬山の地を訪れたのだ。理想とする住まいの師を見つけた松野は、同時に自らも料理の師として、自分のもつ技や考えを人に伝えていくことの大切さを強く感じるようになっていた。一人でも多くの人が、そしてそのこどもたちが、健やかに笑顔で暮らせる未来を創る。そのために自らの理想を形にし、次の世代へ受け継いでいく。松野の壮大な挑戦はまだ始まったばかりだ。

「震災と原発事故があって、“mana foods OHANA”をオープンしたとき、放射能に負けない身体作りを食事からしていきたいと思い、看板やメニューにもはっきりと書いていました。自分たちは、こどもたち、そのまたこどもたちに何を残していくんだろうって。今のままでいて、これからの未来もみんな健康で、本当に笑顔で暮らせるのかなって。誰かを悪者にしたり、考え方の違う人と争っていても何も変わらない。まずは丈夫な身体をつくって、仲間と笑顔で協力しながら何かを成し遂げていきたいんです」。かつては飲食ビジネスの迷路に迷い込み、その出口を見出せずにいた松野だったが、今彼の心には幾筋もの光が差し込んでいる。社会的にも食への不安や関心が高まる中で、かつて店に来てくれた人たちや、その口コミの評価から興味をもつ人たちが彼の食の技や考えを必要として続々とやって来る。「今になってあの大変だった日々が花開き、実を結びつつある気がします。未来は一人では変えられないし、気付いた人から実践してやっていくしかない。自分たちのことだけじゃなくて、七代先の子供達に何を残して、どんなバトンを渡せるのか。少なくとも、自然に寄り添い調和し、共存できる世の中にしていきたいと考えています」。





by enjoycafeohana | 2016-10-14 09:36 | オハナについて

臨時休業

明日、19日水曜日は臨時休業します。

今後しばらくは水木金営業になります。
ご予約頂けると幸いです( ´ ▽ ` )ノ

by enjoycafeohana | 2013-06-19 00:38 | オハナについて

オハナ便り

aloha!

今年の5月5日に日本の原発が稼働を全て停止して、
原発が動いていないのに、電気が足りてる事に気づいた。



『原発止まってるね』と見上げた空が何だかとても新鮮で、

漂う大きな雲が、鳳凰「フェニックス」の様に気持ち良さそう飛んでいた。



イメージの実現化が凄いスピードで進んでいるこの頃

何処まで鮮明にイメージ出来るかが重要な鍵だと思っていいます。

ひたすらに良いイメージでオーダーし続けましょう。

鮮明にイメージ出来る事ができれば現実化できるはず。


たくさんの人が真の平和を望む今、再稼働はあり得ない。



料理人の僕にできる事は、実になる食事、美に成る食事、身に生る食事を

心を込めて創る事でした。


身体をmana「愛」(栄養)で満たす事ができたなら、放射能は入って来れないし、

滞る事なく消化、排出が出来る身体になれば・・・

という僕のイメージを、今までの経験とすり合わせて 料理しています。


ビーガン、マクロバイオティック、ローフード、オリジナル を

方角と色を重ねて一つのプレートに表現しています。(共通点は身体に負担の無い食事)

人も食事もこれからは非難し合うのでは無く、お互いに認め合い、助け合い、愛し合える

ありがたく共存出来る自分でありたい。


こだわりをへらし、新しい物を柔軟に取り入れ、全てのものに最善がなされる様にと…

エネルギーを仕事に注ぎ過ぎる反面、毎日フラフラになり家族に無頓着になってしまいがちなこの頃です。明日、明後日は定休日 、子供と遊びます。


mana foods ohanaは、定休日が毎週月曜日、第1・第3日曜日です。

お昼はam11~pm2;30

夜は、ショップカードには金曜~日曜日とかいてありますが、当面予約のコースのみの営業になります。






3種類のドレッシング、真空冷凍大豆ミートシリーズもオリジナルラベルが出来上がり、もうすぐお披露目出来そうです。

ドレッシングは賞味期限3week「 添加物や保存料が入っていない為」

真空シリーズは賞味期限 未開封で9カ月となります。

まだ初めの段階ですので、イベントの販売以外は受注生産になると思いますが、

気になる方はお声を聞かせて下さい。

全ての商品にjwt (ジェーソン ウインタースティーの茶葉)入り


美味しく食べて、勝手に元気に成りましょうね。


そして、ヒマラヤのクリスタルの販売もしています。

キラキラ輝く宝石の中にある七色の虹を見つけた時に起こる、何とも言えない幸福感

そこには、食事には無い味わいがあります。

あなたが石を選ぶのでは無く、石があなたを選ぶのかもしれません

そっと手にとって聞いてみてはいかがでしょうか? 出逢った時が買い時です。

僕たちは、押し売りしません ただ質の良い物、波動の高い物を提供していきたい


最上級ものだけ、それは金額の高い低いだけでは無く、エネルギー(心のこもった物)を

エネルギー(お金)と交換して頂くだけです。

それでお互いがハッピーになれたらどれだけ幸せでしょうか?

欲しい物があれば、ご気軽にご相談下さい。

食材も分けてあげられたりしますので、とにかく勇気をだして一声おかけ下さい。

千里の道も一歩から

このブログぐらいでしかお店のインフォメーションを流していないにも関わらず、

沢山の方にご来店頂いて、ありがとうございます。

7月より第二駐車場がご利用出来る様になります。(5台)

ohanaの3軒西隣にあるSoftBankの真裏にあります。是非ご利用下さい。( Ohanaまで歩いて3分)

ちなみに、オハナに併設された駐車場は5台。全10台分。

ちょっと不便だけれど、遠くに停めて少し歩いたり、友達と乗り合わせしたり、
あるいは電車にしたり…その分だけ豊かな時間につながるかもしれませんね!

これからも一緒に楽しい時間を過ごしていきましょう。


人に良いこと と書いて 「食事」と言います。


ありがとうの言葉を添えて 愛菜家 松野隆好



営業時間
11:00~2:30(ラストオーダー2:00)
*夜17:00~20:30は、要予約。3000円よりコース料理をご用意。
定休日・月曜、第1第3日曜日

mana foods ohana
岐阜県瑞穂市穂積1519ー1
058ー327ー1158

by enjoycafeohana | 2012-07-01 06:12 | オハナについて

ランチメニュー

ランチの写真、アップしちゃいます。


例えば、昨日はこんな感じ。
オハナのプレートランチ
c0119877_17253587.jpg

メインは、大豆ミートと茄子のはさみ揚げ
間に紫蘇が挟んであるのが、またオツ。
美味しいので、夜の単品メニューにも入れようかな。


c0119877_17253670.jpg

こちらは今日のランチ。
メインは、大豆ミートのかつと特製味噌だれ
副菜は、青菜のピーナッツペースト和え、岐阜産大豆のお豆腐の冷や奴、アスパラのトマトソースがけ、スキ昆布と人参の含め煮、自家製漬け物、コーンともちあわのスープ、玄米ご飯


満足感たっぷりです。


で、何気に風水を具現化。
植物に宿るマナをいただくイメージで。



他に、
冷麺やひよこ豆のカレーなどあり。
単品以外の全てのメニューにジェイソン・ウィンターズ・ティー付き




営業時間
11:00~2:30(ラストオーダー2:00)
*夜17:00~20:30は、要予約。3000円よりコース料理をご用意。
定休日・月曜、第1第3日曜日

mana foods ohana
岐阜県瑞穂市穂積1519ー1
058ー327ー1158

by enjoycafeohana | 2012-06-16 12:57 | オハナについて

はじまり

はじまりました。新しいオハナ。
かなり面白い波に乗っています。


まだ看板もメニューブックも出来てなかったり・・・ですが、様子を見つつ、動いています。


以前のオハナ(各務原時代のね)は、オープニングもかなり盛大に、最初からメニューも盛りだくさんでスタートしたのですが、




今回は、花が咲くようにひっそりと始めたかった(笑)。


だから、宣伝もほとんどしていないし、近しい人にも口頭で伝えたのみ。


それでも毎日、新しいお客様に来ていただいているのは、本当に奇跡。とってもありがたく思っています。


ありがとうございます。



最初はゆるやかですが、徐々に、確実にパワーUPして行きますので、どうぞ温かく見守っていてくださいね。





話は変わりますが。
今日久しぶりに、JWTを紹介してくださった方とお会いしたのですが、「エネルギー、変わったねー!」と、開口一番に言われました。


もうそれからは、エネルギー話で大盛り上がり!やっぱり先日の金環日食からがらりと変わったこと、敏感な人は、感じているね。



面白い。本当に変わったんだね~。


もう、私は完全に新しくなっているし、完全に新しい地球、新しい世界を生きています。ニューバーション!



とは言え、微調整しつつですね。
身体のメンテナンス、休養、にしっかり時間を割いています。これ重要。



感じている人も、感じていない人も、みーんな同じ波に乗っている。面白いね。






原発は廃炉のイメージで。

世界中の原発は廃炉になる。
確実に、安全に、原発の時代は終わる。


エネルギーのシフトは確実に起こっているよ。



イメージ、大切です。



imagination is creation!



新しい地球をつくるのは、私たち。




そして、すでに新しい地球を生きている。





みーんなつながっているんだもん。





大丈夫。








イエス!

by enjoycafeohana | 2012-06-15 03:26 | オハナについて

ついに~

ついに明日、オープンなんですね。


ゆっくり自分達のペースでやります。

最初はメニュー、これだけ⁈ってくらい、少ないです。が、徐々に増やして行きます。どうぞ温かい目で見守り下さい。


c0119877_12232515.jpg


c0119877_12232628.jpg


c0119877_12232767.jpg

これからです。

by enjoycafeohana | 2012-06-10 12:19 | オハナについて

6.11open!!!

mana foods OHANA
いよいよ6月11日オープンです!


すごいです。
お店が刻一刻と出来上がってきています。

毎日の積み重ねが、かたちになっている。
とっても素敵です。


今日は電気系統の工事でした。
水にも食材にもこだわっていますが、
今回は電気にもこだわっています。


からだにやさしい電気。
入った瞬間、気持ちいい!とからだが喜ぶのが分かるよ。すごい!新しい!


オープンまであとわずか。
このままダッシュで駆け抜けて行くのかと思いきや、まさかの事故で、急停止(^^;;


ここらでちょっと一休み。。。とまでは、行きませんが、スピードをかなりゆるめています。


現在はいろいろと調整調律中…
でも、すこぶる調子はいい!!
なので、ご安心を☆



OHANAでは、スタッフを募集しています。

お料理に興味のある形、接客が好きな方、明るく元気な方、オハナに興味のある方・・・どうぞご連絡ください。



mana foods OHANA
岐阜県瑞穂市穂積1519ー1
電話058ー327ー0771

by enjoycafeohana | 2012-05-29 00:10 | オハナについて

来た!

新しいお店のコンセプト、決まりました!


「Mana food Ohana」


生きた食事。
いきいきするごはん。



植物本来が持つ、いきいきとしたエネルギーをいただいて
内側から力が湧いてくるイメージ。


いきいきごはん。
いいよね。



酵素とローフード、発酵食品と伝統食。
もっと勉強しようっと。



楽しみだ。



ワクワクするね!



















宇宙に感謝!
地球に感謝!
すべてに感謝を捧げます。








すべての生けるものが幸せでありますように。











生きていること、生かされていることに
ありがとう。

by enjoycafeohana | 2012-05-02 23:39 | オハナについて

ただいまー!

10日間の瞑想修行を終えて、帰って来ました!


実質、12日間の母不在。
5歳と2歳の幼子は、一体大丈夫だろうか???と思いつつも、
「今、行かずに、いつ行くのだ?!」という気持ちの方が強く、
また主人もよっしゃー行け行け!というノリだったので、
後ろも振り返らずに、いって来ましたよ。





とっても、濃密で、うん、実りのある10日間でした。



朝の4時起床、4時半から夜の9時まで、ひたすら瞑想。
もちろん、途中休憩や食事時間はあるけれど、
もくもくと自分の内側に向かう作業は、うん、やはり必要。必然。


今回は、約7年ぶりとなる京都でのヴィパッサナー瞑想コース。



このブランクは、あまりにも長過ぎましたが、でもやはり戻って来られたことに
ひたすら感謝でした。それもひとえに、京都行きをプッシュしてくれた主人と
そのサポートのために埼玉からわざわざ来てくれた両親、
またこちらの義父母のおかげです。本当に感謝です。ありがとう!




さて、実際の瞑想ですが、風邪をひきづって出かけたので、前半はほとんど咳で集中できず。
せっかく楽しみに来たのにーーーーーと涙が出そうになりましたが、
あくまでも平静に。それも変わる、現れては消えて行く。





終わってみれば、10日間はあっという間で、欲を言えば、
あと10日間は座りたかった!!!!



次は絶対に20日間コースで行くぞーーー☆
と新たな目標ができ、日々の瞑想にも張り合いが出て来ました。





そして、新生Ohana、こちらも乞うご期待!



春にはお店で食べれるようにするからね!




楽しみに待っていて下さい。









すべての生きとし生けるものが幸せでありますように…





メッター

by enjoycafeohana | 2012-02-26 22:04 | オハナについて