mana foods OHANA

organic & vegan
by enjoycafeohana

春分とインフルエンザ

年度末ということもあり、春分の日まで怒涛の忙しさだった。いくつもある要件を状況に翻弄されずにただたんたんとこなしてきたのだが、春分を境に、ある心境に達した。

もうどうでもいいや。

決して投げやりな気持ちではない。

自分の中心に還って観て、「どうでもいいことにはもう頭を突っ込まなくても良い」のだということが明らかになったのだ。

忙しさの要因は、すべて自分の中にあった。なんでもかんでも引き受けてしまったゆえのこと。

地域や幼稚園の役員など、はっきり言って超めんどうだ。そして、小学校への送り迎え。毎日毎日、わざわざ強制的に連れて行くこともないだろう。私よ、何をそんなに頑張っている?!!そんなに誰かに評価されたいのか???


で、春分を境にふと思った。
小学校というシステムも幼稚園というシステムも、私ではない誰かが作ったもの。別に誰かの世界観に乗っかる必要もない。


私の創造する世界に、現在のような施設がなくてもいい。今を生きる子供達には
もっと多彩で、どうせならもっと胸踊る体験をさせてあげたい。
だいたい私は別に子供達に賃金労働者になってもらいたいわけではないのだから。


というわけで、ギアチェンジ。
春分明けから、小学校も幼稚園も行っていない。その開放感たるや!!!なんて素晴らしい!!!!♪


ちょうど連休の遊び疲れも度重なって、子供達は人生初のインフルエンザ発症☆

これまでずっと風邪もひかずに元気にすごしていたので、一体いつこの人たちはデトックスするのかしら、、、と思っていたら、ついになった。

彼らが通う幼稚園や小学校ではインフルエンザが蔓延していたので、その恩恵に預かっている。

インフルエンザも悪いやつというイメージだけど、こうして休息する時間を与えてくれているのだから、ものは考えよう。


大事なのは、それを排除しよう退治しようっていう偏った考え方にある。



というわけで、二人の娘は終業式も欠席。

よそのお母さんは「タミフルを飲ませて、なんとか終業式には出させます」と言ったと聞いた。

まるでそうすることが当たり前のように「なんとか終業式に出て欲しい」と先生に懇願されたけれど、そんな効きもしない劇薬を我が子に飲またくないし、誰かの都合に合わせたくなんてない。



これじゃまるで、サラリーマンと一緒じゃないか。


おあいにくさまだが、うちはゆっくり休ませて、レメディーと水分を適度にとり、自然治癒力にまかせます。





さて、こういう心境に達したのも、春分前に参加したナマステでの覚醒祭りとオハナで春分の日に開催したコバシャールさんのお話し会@宇宙連合会によることが大きい。とひそかに思っている。


このふたつは、かなり私の中に大きくヒットした。そして、どちらも宇宙がらみ。


杉山開知くんが発案した地球暦を通してぐっと宇宙が近くなり、最近きゅーっと宇宙語や宇宙人に焦点があってきたところ。


いや、本当はもう子供の頃からufoは何度も見ているし、何か大きなもののの存在を身近に感じてきた。だから、またここにきて、近くなってきた感じ。。。。


最近、またよく宙空にいるの観るしね☆
って、アヤシイかしら???いや、これからはスタンダードになってくはずー。


4月か5月にもしかしたら、宇宙語をダウンロードする彩陽くんにオハナで宇宙語セッションとお話会をやってもらうかもしれないよ。今のところは、やる方向で進めてます。かなり新しいよーーーーー。で、本物です。オハナは本物好きだからね♪



この世界はパラレルワールドとなっており、いくつものバージョンの私が存在するという。


なわけで、たまには学校に連れて行っている私もいるだろうし、まったく新しい学校に目覚めてしまった私もいるだろう。あるいは学校というシステムそのものに愛想をつかしている私も。



そのいくつものバージョンを繰り返しながら、やがてはひとつの最高のバージョンを創造しようと思う。より明るい未来と輝く地球を夢見ながら。



新しい地球をつくるんだ。
みんながきらきら輝いてしまうような☆
ふふふ、楽しみだ!

by enjoycafeohana | 2014-03-26 07:47 | 今日の出来事
<< ちのみちをとおす オハナ3月の予定 >>