mana foods OHANA

organic & vegan
by enjoycafeohana

感受性と日本人

実家から帰って参りました。
震災後、初の里帰り。
福島から200キロは離れているものの、
ちょうど狭山茶の放射能汚染が発覚した後だったので、
関東に帰るのをずいぶん悩みました。


ほんの2泊3日の短い日程でしたが、横浜と東京をクルージングし、
何ら変わっていない日常的な風景に、安堵とも不安ともつかぬ不思議な感覚を覚えました。



埼玉に帰るのは1年半ぶりでしたが、いつも帰るたびに思うのは、
自然がどんどんなくなってしまっているなあ・・・ということ。


気付けば、ザリガニ釣りをした沼も、レンゲ摘みをした田畑も、
クワガタをとりに行ったあの森も、今やその姿はありません。
木々という木々は切り倒され、田畑という田畑はアスファルトへと変わり、
代わりに道路や工場となっています。


思い出の場所が、ひとつも残されていないことに憤りを覚えるとともに、
いつまで人間はこんなことを繰り返すのだろう?と思うと、悲しくなります。


今回も、唯一残されていた緑が、道路の拡張のために犠牲となっていくのを目の当たりにし、
本当に泣けて来ました。昔の日本人だったら、きっとこんなことはしなかったはず。


もし木を切るにしても、きちんと祈りを捧げてから切っていたんじゃないかな?
いつから日本人は日本人の心を失ってしまったのだろう?
万物に生命は宿るということを忘れてしまったのかな?
自然がなければ生きられないってこと、忘れちゃったの?


便利さやお金のために、自然を犠牲にしていいなんて、あり得ない。
そりゃあ、神様だって、悲しむよ。地球だって。


これだけ大きな災害が立て続けに起きて来ているんだから、
人間はもっと謙虚に自然の声に耳を傾けないといけないよね。



いきなりバッサリと伐られた木、<どうしてこんな風に伐られたのか分からない>って混乱してた。
娘のシーラは<どうしてこんなことするの?>って怒ってた。
<ママ、あの木、泣いてるよ>って、そばに行って、ずっと慰めてた。
小さな子供だって分かるのに、どうして大人はこんなにもむごいこと平気で出来るのかな?



感受性、養わないとね。子供を見習って。



地球の表面をもうアスファルトで塗り固めるのも、やめて欲しいな。
地球だって呼吸してるのに、まるで息ができないよ。


それに、人間は土を踏まないと神に触れることが出来ない。


土は神様そのものだよ。




:木花咲耶姫様からのメッセージ:
人は文明の発達に伴いて多くの過ちを犯さん。
天地自然全てが調和してこそ、この世は良きにはからわるる。
なれど、人は地をアスファルト・コンクリートで固め覆わんとす。
地は息できず循環滞るばかりなり。
固められし地の上で生活せば地の気得られず、病を得ん。
宇宙の理に沿わぬ生活は体内循環を乱し、心身に悪影響ありなん。
先人達の賢き智恵に学び、人は元ある姿に戻らねばならぬ。
文明の発達は悪しきにあらず。なれど理に適わぬ発達は止める勇気も必要ならん。
先人の宇宙循環に沿いたる生活は緩やか・穏やかなものなり。
そに目を向け少しにても取り戻さば、その優雅さに気づかされようぞ。
http://696.kibanamano.net/archives/cat_50049981.html?p=2







何はともあれ、まずは自分が心の浄化をしていかないといけないね。
ひとりひとりが気づいて、心を正していくことで、きっと目に見える世界が変わってくる。
だから、まずは、自分から。
自分から、変わらないとね。反省。ごめんなさない。許して下さい。愛しています。ありがとう。

by enjoycafeohana | 2011-09-14 00:29 | 今日の出来事
<< kissとお菓子 はじまりの日。 >>